キャベツ

キャベツはシャキシャキした歯ごたえと甘みがある野菜です。キャベツの保存方法は、冷蔵庫と冷凍庫で保存できます。 まず、冷蔵庫での保存方法で、やってはいけないのは、キャベツを半分に切って保存する方法です。スーパーで売っているのも、半分にカットして、ラップにくるんで並んでいることがありますね。キャベツの美味しさの基準は、どれだけ水分を保持できるかにかかってきます。ですので、葉を切ってしまうと、そこから水分が飛んでしまい、美味しさが半減してしまうのです。冷蔵庫の野菜室に芯を下にして保存しましょう。そしてキャベツの葉を1枚1枚はがして使うようにしましょう。更に、キャベツの芯に切り込みを入れていくのが良いようです。スーパーに並んでいるキャベツもこのように切り込みが入っているものを見かけたことがあると思います。キャベツも収穫された後も生きているので、芯に切り込みを入れることで花を咲かせなくすることができます。花が咲くとキャベツの栄養分を花に取られてしまうので、味が落ちてしまいます。 このような状態で保存して、1週間ほど保存ができます。もっと持たせたい場合は、キャベツの芯をくり抜いて、濡らしたキッチンペーパーなどを詰めておくと2週間ほど保存が可能になります。 キャベツを冷凍庫で保存するときにはあらかじめ切った状態で保存ができますし、調理に使うのにも便利です。冷凍保存前に水分が抜けないように注意しましょう。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。