ナス

ナスは身体を冷やす野菜ですので、妊婦さんには食べさせないほうがよいなどと、昔は言われていましたね。ナスを選ぶときは切り口が新鮮で、とげがしっかりしているものを選びましょう。表面の色が濃くてハリがあり、ツヤツヤとしているほうが良品です。ナスはその成分のほとんどが水分でできています。ですから、乾燥させないようにラップなどで包んで、冷蔵庫の野菜室に保存しましょう。ナスの調理方法は、切ったら水にさらしてあく抜きをすると、茶色くなるのをおさえることができます。変色したナスは見た目にも良くないですから、あく抜きを忘れずしたいですね。しかし、栄養分が水に溶けだすので、さらし過ぎには注意しましょう。ナスは油との相性がいいので、調理するときは素揚げしてから使うと美味しくいただけます。素揚げする場合は、水にさらさなくても大丈夫ですが、切ったらすぐに揚げるようにしましょう。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。